気象予報士の資格試験ガイド

気象予報士の資格試験ガイド

気象予報士の就職先

気象予報士の就職先が気になる方もいるでしょう。

テレビでは毎日、気象予報士が天気予報を知らせてくれるので、この資格を取得すれば、テレビ局に就職できるのではないかと考える方もいると思います。

また、気象予報士は取得するのが難しい資格なので、取得すれば、転職や就職に有利になるのではと考える方もいるでしょう。

就職先の1つに、天気の予報業務を行う企業が考えられます。

天気の予報業務を行う企業では、気象予報士を事業所ごとに置かなければならないと、法律で決められているからです。

また、天気の予報業務を行う企業では、天気の予想は気象予報士が行うこととも定められています。

ですから、気象を予想し、その予想で利益を得ている企業では、気象予報士を必要としているので、就職先として注目できるでしょう。

ただ、一般企業では、気象予報士の資格を持っていることによって就職に有利になるのかは、微妙なところです。

現在、インターネットが普及し、誰でも簡単に、しかも無料で、気象庁の予報を観ることができます。

ですから、一般企業がわざわざ気象予報士を雇用し、天気を予想してもらうということは考えにくいでしょう。

ただ、気象予報士の資格を趣味の延長として取得する方もいます。

履歴書の特技欄などに、自分のアピールポイントとして気象予報士の資格を持っていることは記入できますし、それを話題にして面接を乗り切ることはできるかもしれません。

そして、就職先として考えられる場所に、自衛隊もあります。

自衛隊では、気象予報士を予報官として採用していますし、また、気象予報士の資格が幹部任用資格となっています。

copyright 2013-2017 気象予報士の資格試験ガイド All Rights Reserved.