気象予報士の資格試験ガイド

気象予報士の資格試験ガイド

気象予報士の気になる年収

気象予報士の気になる年収ですが、一般的なサラリーマンと同額程度のようです。

企業へ就職すれば、その企業の規則に沿った給与が支払われるでしょう。

ただし、テレビで見かける気象予報士は、一般的なサラリーマン以上の年収を稼いでいるようです。

それこそ、人気芸能人並みの収入を得ているのではないでしょうか。

気象予報士は、気象を予想し、それを報告することができる方のことです。

天気予想をするだけなら、個人的な趣味として行っている方もいるでしょう。

それこそ靴を投げて、靴底が上だから明日は雨と天気予想をしている子どももいると思います。

天気予想自体は、誰が行っても良いことですし、趣味として楽しんでいる方もいるでしょう。

ただし、天気を予想し、その予想を広く告知するとなると、気象予報士の資格が必要になります。

妙な気象予報が出回り、国民が混乱しないようにするためです。

そして、気象予報士の資格を持っていると、気象業務を行っている企業への就職が有利となるでしょう。

気象業務を行う企業は、天気の予想を気象予報士に任せなければならないと、法律で定められているからです。

ただ、一般企業が気象予報士を特別に雇って気象を予想させるということは、考えにくいかもしれません。

今の時代、インターネットを活用すると、無料で、しかも簡単に、気象庁の予報情報を手に入れることができるからです。

copyright 2013-2017 気象予報士の資格試験ガイド All Rights Reserved.