気象予報士の資格試験ガイド

気象予報士の資格試験ガイド

カラテカ・矢部太郎さん

矢部太郎さんはお笑いタレントで「カラテカ」というコンビを組み、人気を集めています。

そして、この矢部太郎さん、気象予報士の資格を取得し、ツイッターで自身の天気予報を展開しています。

私は矢部太郎さんが、「進ぬ!電波少年」の企画で海外へ行き、現地の言葉で現地人を笑わせるという企画に参加していたのを覚えています。

「進む!電波少年」の前は「進め!電波少年」で、確か何か問題をやらかして、タイトルの「め」をググッと伸ばし「ぬ」にし、本当に様々な面白い企画を放送していたと思います。

矢部太郎さんは大変細身で、おどおどとした方なので、現地になじめるのかどうなのか心配していましたが、しっかりと言葉をマスターし、最終的には現地の方を笑わしていたのではないでしょうか。

カラテカの矢部太郎さんが気象予報士の資格を取得したのは、「進ぬ!電波少年」の放送が終了した後のことです。

その頃にはカラテカの矢部さんは、韓国語、スワヒリ語、モンゴル語もマスターしていたように思います。

矢部さんが韓国語をマスターしているのを私が知ったのも、確かテレビ番組を通してです。

そのときに放送していたのは、何十回も普通自動車免許試験に落ちているという韓国のおばあちゃんを合格させるという企画で、矢部さんが韓国へ行かされていました。

普通におばあちゃんと会話している様子を見て、矢部さんの韓国語は通じるのだと感心したのを覚えています。

copyright 2013-2017 気象予報士の資格試験ガイド All Rights Reserved.