気象予報士の資格試験ガイド

気象予報士の資格試験ガイド

気象予報士とは

気象予報士とは、簡単に述べると、天気を予想して報告できる方のことです。

天気は、誰でも予想して報告しても良いというものではありません。

様々な気象予報によって日本国民が混乱を起こさないため、気象予報士という資格を持った方が天気を予想し、報告することができると法律で定められています。

また、天気予報を行う事業者は、事業所ごとに気象予報士を置かなければならず、また、気象の予想は気象予報士に行わせなければならないとも、法律で定められています。

ですから、この資格を持っていると、自分で天気を予報してそれを広く告知することができます

ただ、気象予報士の資格は、簡単には取得できません。

何しろ、合格率が5パーセントと大変低く、試験は学科試験と実技試験の両方が行われます。

ですから、頑張って勉強しないと、気象予報士の試験に合格するのは難しいと考えてよいでしょう。

ただ、取得するのが難しい資格だからこそ、その資格を持っていると自分に自信が持てるようになるのではないでしょうか。

誰もが持っている資格では、それこそ誰もが持っているのですから、その資格を持っているからといって、何の自慢にもならないでしょう。

持つのが難しい資格だからこそ、価値があり、自分の自信へとつながるのです。

しかも、気象予報士は頑張れば、誰でも合格することができます。

気象予報士の受験資格は特に設けられていないので、誰もが受験でき、誰もが合格できるチャンスを持っているのです。

copyright 2013-2017 気象予報士の資格試験ガイド All Rights Reserved.